お散歩食べエバンジェリスト

このブログでは飲食を一体化させ、お祭りなどでもスマートに食べ歩けるようにする飲食一体のお散歩食べ(食べ歩き)を広めるために発信!

自分の見えない世界を見る意識の大切さ(味ご飯)

f:id:hamuhamu18:20200123212417j:plain

お試しの味ご飯です。

これを飲食一体にして食べるのはなかなか常識はずれです(;゜∇゜)

 

そもそも混雑した場所でもスムーズに飲食ができるようにというのが1つのコンセプトなので、箸というのはちょっと悩ましいところです( ̄~ ̄;)

 

人は誰しも、「常識や慣習」というものに縛られており、それは大人になるにつれて強まります。
 
「常識や慣習」というフィルターのかかった眼鏡をして日々を過ごしているから、「いやいや、常識的に考えてあり得ない」という目線で物事を見がちです。
 
もちろん、人の礼儀やマナーなど、常識的に必須の物事はまた別ですが、「人と違うことをしよう」「困難な目標に向かおう」みたいな場合、「いやいやそれは普通に考えて無理でしょ」みたいな。
 
確かに普通に考えていたら無理です。
 
普通に縛られて物事を見ていてはなにも新たな変革は起きません。
 
例えば介護の世界。
認知症の方は予想外の行動をとることがあります。
 
でもその時、安易に否定したり、間違いを指摘したりせず、その人が見ている世界を受け入れて、自分達には見えていないものを見る演技、見ようとする心というものも必要です。
 
例えば、認知症の人がで掃き掃除をしていたら、こう声をかけてみましょう。
 
◯◯さんありがとうございます。おかげとてもきれいになりました。新しいほうきを買ってきたので、よければこちらを試してもらえますか
 
多角的に物事を捉え、考える。
 
全てのものは、角度を変えれば見え方が変わります。

 

 
グルメランキング