お散歩食べエバンジェリスト

便利になる=動く機会が減り、健康を害するリスクが高まります。飲食を一体化させてスマートに食べ歩けるようにして当たり前に食べ歩く世の中を作る。容器に色々工夫を施し、エンタメや情報発信にも活用する、

アイスクリームを食べ歩いてお散歩アイス(座りすぎの恐怖とは)

冬にもアイスクリームって食べますよね♪

暖かい部屋で食べるアイスクリームは夏に食べる時とは違った美味しさがあります。

そんなアイスクリームも食べ歩けるんです。

でも冬は厳しいです┐('~`;)┌

 

f:id:hamuhamu18:20191218172246j:plain

 

座りすぎの恐怖とは

 

そもそもなぜか座って食べるのが当たり前になってますよね。

食事は座ってするもの

これが常識です。

 

この当たり前に座って食べるという習慣。


深く考えることもなく当たり前だから座って食べていますが、たまには立って食べるのはどうでしょう❓️と私は思います。

 

たまに立って食べると新鮮です。

同じ空間で同じものを食べていても、立って食べるととても新鮮で、違った景色が見えて楽しいです。

 

食事を立って行うだけで、座りすぎを多少なりとも改善できます。

 

家で立って食べるだけでなく、お散歩食べエバンジェリストとして活動している私としては「飲食を一体にしたお散歩食べ=歩き食べ
これを広めたいです。

 

とりあえず、座りすぎのデメリットを軽く書くと、まず寿命が縮みます。


例えば「1日6時間、座る生活を続けていると、日常的に運動する習慣があっても、1日3時間しか座らない人に比べ、15年以内に死亡するリスクが40%増える」という話も。

他にもフィンランドでは「1日7時間以上座る人たちは座る時間が1時間増えるごとに死亡の危険性が5%ずつ増える」として、食事や休憩の他、あらゆることを立って行うのが重要だと言っているそうです。

 

中国でも「立って食事をすることで、嚥下や消化が促されるだけではなく、腹圧が低下し、胸やけが軽減し、胃酸の逆流が抑えられる。また、立って食事をすると、満腹感が得られやすく、ダイエット効果も期待できる
なんてことが言われたりしています。

 

日本人は平均で7時間近く座っているらしいので、これはヤバイです。

 

別にそんなに長生きしたくないし❗️」という方も「15年以内に死亡するリスク40%増」はちょっと怖いですよね…

まだまだありますよ❗️


肥満になって糖尿病になる確率が上がるのはもちろん、高血圧症や心筋梗塞脳梗塞、がんなどになる確率も上がります。

 

私は別にそこまで長生きしたいとは思わないですが、生きているうちは健康でいたいです。

他にもデメリットはありますが、とりあえず病気になんてなりたくないです。

回避するには「座る時間を減らす」ことです。


簡単ですよね❓️