お散歩食べエバンジェリスト

このブログでは飲食を一体化させ、お祭りなどでもスマートに食べ歩けるようにする飲食一体のお散歩食べ(食べ歩き)を広めるために発信!

食事をなぜ座ってするのか、考えたことがありますか?

食事は座ってするもの。
これが世間一般的な常識です。

f:id:hamuhamu18:20191213184036j:plain


座って食べるのが普通なので、特に疑うこともないでしょう。
食事に限らず、座って何かをすることって多いです。

  • 勉強
  • 読書
  • テレビを見る
  • スマホをかまう…

他にも色々ありますが、人それぞれ思い付くものがあると思います。
でもこれってヤバイです。


何がヤバイか❓️

それは座りすぎだからです。


日本人が1日にどれだけ座っているかご存じですか❓️
シドニー大学の研究者たちが世界20ヵ国を対象にして調べた研究によれば、日本人は1日7時間も座っているそうです。


あくまで平均なので、職種などにより変わってきますが、これはなかなか座りすぎです。

座りすぎればどんなデメリットがあるか❓️

色々ありますが

などに罹患するリスクが高まります。

健康以外にも、人は15分以上座っていると集中力や認知能力が落ちてきます。

そうなれば仕事や勉強などのパフォーマンスも落ち、生産性が落ちます。


なぜこのような悪影響が及ぼされるのか❓️

それは座っていると第二の心臓といわれるふくらはぎ、そして太ももが動かないことにより、血の巡りが悪くなるからです。


様々な病気のリスクにならないためにも、集中力や認知能力を下げないためにも、15分、30分に一回でもいいので立ち上がりましょう。


でもこの座りすぎを意識している人って少ないように感じます。


なぜなら座りすぎたとしてもすぐに健康を害して病気になるわけではないからです。


人は健康を害して初めて自分の健康のありがたみを知るという愚かな生き物です。


そうならないために、日々の生活から座りすぎを意識すべきです。

 

私も以前は意識していませんでしたが、ここ何年かは立って勉強したり読書をしたり、座っている時も定期的に立ち上がるようにしたりなど、とにかく座りすぎを意識して日々を過ごしています。

 

健康はもちろん、集中力や認知能力の観点から考えても、立って、なんなら歩きながら読書をしたり勉強をする方が効率的です。


食事に関しても、特に意識せず座って食べますが、たまには立って食べても良くない❓️なんて思っています。

 

飲食一体にして食べ歩くというアイデアは7年くらい前にやりたいな~と思っていたことで、食べ歩く時に飲食を一体にした方が便利じゃないかな❓️という単純な理由だけでなく、外で食べ歩く機会を増やすことでこの座りすぎを減らせたらいいな~とも思っています。


もちろん他にもやりたいこともあります。
その分、課題も多々あります。


その辺は少しずつ書いていきますが、まずはお祭りや観光地などで展開していけたらと思っています。

食べ歩くことに一工夫してお祭りでも快適に食べ歩く

こんばんは♪

お散歩食べエバンジェリストのtakuyaです。

 


お散歩食べとは


お散歩食べってなに❓️

と思われる方も多いと思います。


とても単純なことで、飲食を一体にした食べ歩きのことです。

f:id:hamuhamu18:20191212174731j:plain


写真にある通り、上が食べ物、下が飲み物になっています。


7年くらい前からやりたかったことですが、ここ最近少しずつ発信しています。
ずっとアメブロで投稿していましたが、こちらで1から始めることにしました。


写真の容器は見やすいように透明のプラスチックを使用していますが、基本的には容器もストローも紙製でいきます。

 

なぜ飲食を一体にしようと思ったか

 

学生の頃、お祭りに行った時に私はからあげを食べ歩いていたのですが、喉が乾いてペットボトルの飲み物を飲もうと思い、蓋を開けようとしました。

でも手が塞がっていて蓋を開けられず、そのからあげを友達に預けてペットボトルの蓋を開けて飲み物を飲む…

という行為に対し、「少しめんどくさいなぁ~」と感じ、飲み物と食べ物を一つにしちゃったら便利なんじゃない❓️となんとな~く思ったことがキッカケです。


食べ歩く機会が多いお祭りや観光地などで使えたらなぁ~と思っていたのですが、気が付けば7年ほど経過していました(笑)


それでもやっぱりやってみようと少しずつ進めているところです。

飲食を一体にすることでスマートに食べ歩けるということが一番最初に考えたコンセプトですが、他にもまだまだやりたいことがあります。


その辺は少しずつ書いていきます。


とりあえずは食べ歩きに+αという感じでこのような形にしました♪


こんな感じで色々なものを飲食一体にしていきます。

冬はちょっと食べ歩くのは厳しいですが、冬でもお祭りならアリかも❓️と思っています。
このブログでは飲食を一体にした写真を色々載せつつ、合わせて学びになることも書いていきます。

よろしくお願い致しますm(_ _)m

タピオカとプリンを組み合わせ(新型肺炎に過度に反応しすぎている)

f:id:hamuhamu18:20200131200623j:plain

 

プッチンプリンにタピオカを混ぜました。

プッチンプリンは凍らせて、タピオカを混ぜ、名付けて「タピオカプッチンアイス

名前のセンスは…

下にはコーヒーを(^^)v

 

冬に外で食べ歩くのはちょっと厳しいですが、こんな形で座りすぎを防ぎながら、お祭りや観光地で食べ歩けたら♪

 

 

新型肺炎がスゴいですね。

テレビの影響もあって過度に反応してしまい、マスクがヤバイです(/--)/

確かにめちゃくちゃ不安ですが、とにかく基本を徹底するしかありません。

  • 手洗い
  • うがい
  • マスク

これらは基本中の基本ですが、それだけでなく

  • 運動
  • 腸を元気にする
  • 自律神経に意識を向ける

ということも行っていただきたいです。

www.hamuhamu5.com

 

  
グルメランキング

自分の見えない世界を見る意識の大切さ(味ご飯)

f:id:hamuhamu18:20200123212417j:plain

お試しの味ご飯です。

これを飲食一体にして食べるのはなかなか常識はずれです(;゜∇゜)

 

そもそも混雑した場所でもスムーズに飲食ができるようにというのが1つのコンセプトなので、箸というのはちょっと悩ましいところです( ̄~ ̄;)

 

人は誰しも、「常識や慣習」というものに縛られており、それは大人になるにつれて強まります。
 
「常識や慣習」というフィルターのかかった眼鏡をして日々を過ごしているから、「いやいや、常識的に考えてあり得ない」という目線で物事を見がちです。
 
もちろん、人の礼儀やマナーなど、常識的に必須の物事はまた別ですが、「人と違うことをしよう」「困難な目標に向かおう」みたいな場合、「いやいやそれは普通に考えて無理でしょ」みたいな。
 
確かに普通に考えていたら無理です。
 
普通に縛られて物事を見ていてはなにも新たな変革は起きません。
 
例えば介護の世界。
認知症の方は予想外の行動をとることがあります。
 
でもその時、安易に否定したり、間違いを指摘したりせず、その人が見ている世界を受け入れて、自分達には見えていないものを見る演技、見ようとする心というものも必要です。
 
例えば、認知症の人がで掃き掃除をしていたら、こう声をかけてみましょう。
 
◯◯さんありがとうございます。おかげとてもきれいになりました。新しいほうきを買ってきたので、よければこちらを試してもらえますか
 
多角的に物事を捉え、考える。
 
全てのものは、角度を変えれば見え方が変わります。

 

 
グルメランキング

座りすぎると◯◯の効果も無効化(チョッパーチョコも一体化)

f:id:hamuhamu18:20200121172334j:plain

上に乗っているのはチョッパーのチョコレートです♪

下にはオレンジジュースを♪

 

日本人は平均して1日に7時間ほど座っています。
あくまで「平均」なので、人それぞれ異なりますが、座りすぎです(;´д`)
だけど、座りすぎを意識している人って少ないように思いますし、いかに身体に悪いかを意識している人も少ないです。
 
座りすぎのデメリットは運動をしても相殺できず、まして座りすぎれば運動の効果も下げてしまいます。
 
とある研究によれば、座りすぎはモチベーションも下がりメンタルにも悪いなど、様々な悪影響が示唆されており、仮にランニングを1時間しても、1時間座る時間が増えるごとにそのランニングの効果は8%下がります。
 
ランニングより軽い運動の場合(ウォーキングなど)は16%も下がります。
 
座る時間が増えれば増えるほど、運動の効果は下がり、無効化どころかマイナスになる可能性も。
 
せっかく運動をしても座りすぎれば台無しです。
 
運動不足の人は多いでしょうが、運動をするより何よりまずは立つ時間を増やすこと。
 
簡単なことです。
だってただ立つだけなんだから。
 
ただ立つだけで得られるメリットは多いですし、ただ立つだけで座りすぎのデメリットを減らせます。
 
 


グルメランキング